MENU

通勤・通学中は読書がおすすめ!読書が楽しくなるブックカバー5選

通勤や通学中は、ついスマホをいじってしまいがち。

何かを読むのが好きなら、ちょっとしたスキマ時間を利用して読書するのもおすすめですよ。

そこで今回は、通勤や通学中の読書が楽しくなる、オススメのブックカバーを5つご紹介!

読書のメリットやブックカバーの選び方も解説していきます。

今まさにブックカバーを探している人、読書習慣を身につけたいと思っている人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次

読書を習慣にするメリット

読書を習慣にすると、驚くほど多くのメリットを得ることができます。

具体的にどのようなメリットなのか、詳しくみていきましょう。

語彙力が増える

読書をすると、必然的に様々な言葉や表現に触れることになります。

そのため、読書をすればするほど語彙力がアップ!

ただ何となく読み進めるのも良いですが、読めない言葉や難しい表現があれば一度手を止めて調べてみましょう。

新しい言葉の意味や使い方を知れば、日常会話やビジネスにも役立てることができますよ。

視野が広くなる

本を書いている著者は、自分とは経歴や体験が全く異なる人です。

読書を通じて異なる考え方や価値観に触れれば、自分の視野を広げることができます。

「こんな考え方もあるんだ」

「こんな時、こういう風にすればいいのかな」

そんな気付きを得られやすいのも、読書の大きなメリットです。

文章力がアップする

本を読むと、「この文章読みやすいなあ」「こういった伝え方をすると、説得力が増すな」と感じることもしばしばです。

読書を通じてそういった文章にたくさん触れることで、どんどん文章力を高めることができます。

文章力を高めるメリットは、数知れません。

自分の気持ちを手紙やLINEでよりうまく伝えられるようになりますし、仕事のメールやプレゼン、何らかの文章を書く時にも、文章力があるのとないのとでは、相手への伝わり方が大きく変わります。

より相手から信頼されるために、文章力はあるに越したことがないのです。

今まさに自分の文章力に自信がないという人は、1日10分でも良いので、ぜひこの機会に読書習慣を作ってみてはいかがでしょうか?

知識が増える

小説や実用書、ビジネス書など、本のジャンルは様々ですが、どのようなスタイルの本でも自分が知らない知識が1つや2つは書かれています。

読書をすればするほど、新しい知識を蓄積できるので、どんどん物知りになれますし、知識を深掘りすることも可能!

生活や仕事に役立つ思考力を身につけることもできますよ。

ストレス解消になる

イギリス、サセックス大学が行った研究によると、読書をすることでストレスが軽減される度合いはなんと「68%」にもなるといいます。

研究では、「音楽鑑賞」や「コーヒーを飲む」といった項目も合わせて研究されましたが、それらの中でも読書のストレス軽減効果はかなり高い結果となりました。

しかも、驚くべきことにこの効果は1日わずか6分の読書習慣で得られるというのです!

この結果には驚きですよね?

何かと心がざわつきやすいこの時代。

自分の心を整えるためにも、ぜひ読書習慣を意識してみてはいかがでしょうか?

読書がもっと楽しくなる!ブックカバーの選び方

「通勤電車でどんな本を読んでいるか、周りに知られたくない」

「お気に入りの文庫本を汚したくない」

「オシャレなブックカバーで読書のモチベーションを上げたい」

このように思っている人は、ブックカバーを購入するのがおすすめ!

ここからは、読書がもっと楽しくなるブックカバーの選び方をご紹介していきます。

本に合うサイズを選ぶ

ブックカバーを購入したい場合は、本のサイズに合うものを選ぶことがまず大事!

「文庫本対応」「新書対応」など書かれているので、そちらをチェックしながら本に合ったサイズを選びましょう。

「文庫本対応」など明記されていない場合は、次のサイズを参考にしてください。

・文庫本:105×148mm
・単行本:四六判の127×188mm、もしくは菊判の150×220mm
・新書:103×182mm、もしくは106×173mm

ブックカバーの中には、あらゆる本に対応した「フリーサイズ」もあります。

本はもちろん、手帳やノートにも使えて便利なので、色々使いまわしたいならフリーサイズを選ぶのもおすすめです。

用途に合わせて選ぶ

ブックカバーには、次のような素材があります。

・ポリプロピレン
・ナイロン
・布
・合皮
・革

どの本がどこにあるのか把握したいなら、ポリプロピレンタイプが良いでしょう。

こちらは半透明・透明なので、本棚にまとめて収納してもパッと見でどの本なのかわかります。

また、ポリプロピレンは価格もリーズナブル!

防水もしてくれるので、屋外で読む時も安心です。

長期的に使いたい場合は、UVカット加工されたものの方が、劣化しにくいですよ。

一方、文庫本などを持ち歩くことが多いなら、ナイロンや布もおすすめです。

ナイロンは撥水性があり、摩擦を防いでくれるほか、軽量でシワにもなりにくいです。

布は手触りが良く、手脂などによるベタつきも防いでくれます。

ブックカバーによっては洗えるタイプもあるので、より衛生的に使いたい!という人はこのようなタイプを選ぶと良いでしょう。

そして、ブックカバーとして人気があるのが合皮や革タイプ。

高級感がある見た目で、何とも言えない魅力があります。

丈夫ですし、使えば使うほど味が出るのが魅力です。

他の素材と比べると水に弱いので、心配な場合は革専用の防水スプレーなどを使用すると良いでしょう。

合皮は革とは違い、撥水性がそこそこあるので、面倒な手入れをする必要なく、気軽に使えます。「革に憧れるけど、手入れが面倒…」と思う方は、合皮タイプを選ぶのもおすすめですよ。

おすすめのブックカバー5選

お待たせしました!

それではここからは、おすすめのブックカバーを5種類ご紹介していきます。

ブックカバー 透明/すずや恵比寿堂

累計販売数は5,000万枚突破!

新書、B6版、文庫版、A5版、四六版、ハードカバー版、B5版などあらゆるサイズに対応!

漫画喫茶や図書館など、多くの場所で活用されています。

透明なので本のタイトルやイラストがすぐにわかります。

水を防ぎ、本の劣化を防いでくれるブックカバーです。

価格がリーズナブルなのも嬉しいですね。

ブックパックシリーズ新作 柄物/ca va,ca vient/a la main

和風なデザインが魅力的な布タイプのブックカバー。

計20種類から選ぶことができます。

本を丸々ゴムバンドでホールドできる仕様になっているので、鞄の中で本が折れ曲がる心配もありません。

しおり付きで、丸洗いもできますよ♪

布生地 無地のブックカバー 文庫本サイズ

シンプルデザインが良いならこちらもおすすめ♪

文庫本サイズですが、1.5㎝ほどの厚めの本でも入ります。

カラーは9種類ありますが、売り切れになっているタイプもあるので、気になる方は早めにチェックしてみてくださいね♪

日本製PVCレザーブックカバー「SION」/TEES FACTORY (ティーズ)

シンプルかつ、気分が上がるカラーが好みならこちらのブックカバーがおすすめ。

環境に優しい国産PVCレザーのブックカバーで、11サイズ、12カラーから選べます。

撥水加工もあるので、お風呂で読書したい…なんて時にもピッタリです。

+500円で、刺繍の名入れをすることもできます。

ブックカバー 本革/ビジネスレザーファクトリー

高級感重視で選ぶなら、こちらの革タイプのブックカバーがおすすめ。

牛本革ならではの柔らかい手触りと質感があり、より読書の時間を特別なものに演出してくれます。

カラーは11種類あり、名入れ刻印をしてもらうことも可能!

自分用としてはもちろん、贈り物にも最適なブックカバーです。

まとめ

読書習慣を1日10分ほどでも確保すれば、ストレス解消に繋がるほか、語彙力アップ、知識や思考力アップなど様々な効果を得ることができます。

ブックカバーは本の汚れや劣化などを防ぐだけではなく、見た目がオシャレなものもあるので、より読書のモチベーションも高めてくれますよ。

少しでも「いいな」と思うブックカバーがあれば、ぜひこの機会にチェックしてみてくださいね♪

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次